カワムツorオイカワ稚魚

カワムツorオイカワの幼魚が採れました~ハヤと呼ばれる定番魚~

採集場所

カワムツという川魚の名前を聞いたことがあるでしょうか? もし、無かったとしても――「ハヤ」と言ったら知っている人もいるのではないかと思います。

西日本各地の河川で泳いでいる、水辺の生き物の定番とも言える魚です。

なお、ハヤと呼ばれる魚の中には、アブラハヤ、タカハヤ、オイカワ、カワムツ、ヌマムツ、ウグイなどが含まれますが、その中でも、今回の記事では「カワムツ」について書いていきたいと思います。

採用した理由は、冬のフィールド(鹿児島県内の某河川の支流)で採れたからというシンプルなモノ。

「カワムツなんてどこでも採れる!」と怒られそうですが、意外と奥の深い生き物なので、お付き合い頂けますと幸いです。

カワムツと言えば、「まずはコレ!」といった話題があります。

ある程度以上の年齢で川魚に詳しい人は予想が付くと思うのですが――カワムツという魚は、昔は「カワムツA型」と「カワムツB型」に分かれていました。ちなみに、2003年頃以降からA型がヌマムツ、B型がカワムツという名前に区別されています。

それぞれの見分け方としては、A型はやや丸めの体型をしており、用水路などの緩やかな水の流れの場所を好むのに対して、B型はシャープな体型をしており、川の本流等の早い水の流れの場所を好みます。うろこの数や体の横にある模様、胸びれと腹びれに入るスジの色の違いなどで見分けることができます。

飼育のしやすさは、緩やかに水が流れる場所に棲むということから、カワムツよりもヌマムツの方に軍配が上がります。

何でも食べるので餌付きも良く、60センチ以上の大きめの水槽を用意してあげたら、比較的簡単に人間にも慣れてくれる生物です。(もちろん、導入初期には水槽を新聞紙で覆うなどの対策が必要ですが)

夏場の高水温にだけ注意してあげれば、長期飼育も可能です。

カワムツorオイカワ稚魚

(ちなみに、写真の魚はカワムツだと私は思うのですが、写真を見せた知人にはオイカワの幼魚かもしれないと言われてしまったので「カワムツorオイカワの幼魚」ということにさせて下さい。……。逃げと言っちゃダメです! 大人の対応って言って下さい)

なお、基本的にカワムツは西日本に生息する魚です。

アユの養殖や放流の影響で、全国各地に拡散された事実があるみたいですが……東日本では、カワムツの代わりにウグイやオイカワ、モロコなどが同じような環境で生息しているみたいです。

あと、これは私の個人的な感想ですが、鹿児島県の水系ではオイカワよりもカワムツの方が多い気がします。

色々な水域で水辺の生き物調査をした結果、鹿児島市内を流れる河川でカワムツが棲んでいない川は無いくらいですから。

ちなみに、カワムツの味は「そこそこ」です。

水が綺麗な場所で採れた個体なら、まぁ、普通に唐揚げで食べられる魚です。

しかし、私は“好奇心”と“若気のいたり”から「農薬たっぷり&肥料たっぷりな場所(バラのビニールハウス)」の横を流れる川に棲む「ヤバそうなカワムツ」を唐揚げにして食べたことがあります。

――が、アレは身の危険を感じるような薬品の味でした。

本当に「煮ても焼いても食えない」とか「猫も喰わない(猫またぎ)」というのは、まさしくこんな味なのだろうなと、身体で学んだ記憶です。

カワムツは群れで生息しているので数釣りも楽しめますが、「釣った魚をきちんと食べる主義」の人は――カワムツを釣る場所を選んだ方が、健康のためには良さそうです。

引っ越しシーズン

引っ越しシーズンがやってきたので、ちょっとオトクな情報を載せておきます。

一人暮らしの単身引っ越しでも、業者さんに頼むとそれなりの値段になってしまって困りますよね。

ですが、実は宅急便で有名なヤマトは、単身パックという激安プランがあるのです。

ヤマトの単身パックは、宅急便を運ぶときに使うカーゴ1台を使って荷物を詰め放題できるんです。それでパック料金ですので、長距離でも短距離でも定額料金でOK!
ヤマトの単身パックの詳細はこちら

もちろん、荷物の運び出しなどはヤマトがやってくれるので重い荷物をもつ必要はありません。

ただし、単身引っ越しといえどもベッドにタンスにテレビに・・・・・・と荷物が多い人は向きません。

あくまで、ヤマトのカーゴ1台に収まるくらいです。そんな単身者の方は、ぜひ利用してみてください。

この時期、ちょっと役立つ情報でした。