未分類」カテゴリーアーカイブ

ホシクサというレアな水草

水辺の生き物の減少と、冬の鹿児島の水辺について~自然の回復力に今後も期待~

Published / by mizbering-creatures

エビのいる水草

水辺の生き物が減少していた理由「なぜ、鹿児島の冬のフィールド調査で満足に生き物が捕獲できなかったのか?」について、今回の記事では考えてみたいと思います。

ちなみに、2回実施したフィールド調査で生き物が全く採れなかった理由は、思いつくだけでも3つあります。

1つ目は私の目算が甘かったこと。「ここ数年ずっと採れていたから、今年も採れるだろう」と期待していたら……地形や水量が変わっていたり、良いポイントを見つけられなかったり、水辺の植物が茂り過ぎて水辺に入れなかったりというトラブルに、上手く対処出来なかったのです。

2つ目は運が悪かったこと。ミナミヌマエビを採りたかったので中流~下流域に絞ったとはいえ、どこの支流でも「生き物を満足に見つけられなかった」事実には、引きの悪さを感じます。

3つ目は、やっぱり農薬などの影響が無視できないこと。それまで生物相が豊かだった場所から、ほとんどの生物がいなくなるというのはどう考えても異常です。農薬や排水などは水で薄まっていくものですが……1年前までたくさんいた生物が全く見つからないなんて、何だか怖い気がします。

事実、今回の水辺の生き物採集に選んだ場所は、(新しいポイントもありましたが)ミナミヌマエビやコオイムシ、アメリカザリガニなどが採れる私のお気に入りのポイントで、1年前までは生物相がとても豊かな場所でした。

田んぼの中を流れる小さな川や用水路で、一見すると生き物はいないように見えますが……網を入れたらドジョウがピチピチ跳ねるという場所だったのです。

とはいえ、カワゲラやヘビトンボがたくさん確認できる水域もあったのは事実。そういう水が綺麗な支流で、生物達は根強く生き残ってくれているはずです。

次の春以降に、回復してくれることを願って――今回の記事を、そろそろまとめたいと思います。

ホシクサというレアな水草

写真の植物は、“ホシクサ(星草)”という水草の仲間です。

昔は田んぼや湿地によく生えていたらしいのですが、農薬や除草剤の影響で数が減ってしまった植物です。でも、私のお気に入りのポイントでは、今年も群生してくれていました。

水辺の生き物は一時的に減少しても、きっとまた帰ってきます。

早ければ数ヶ月、普通に考えたら2~3年。もしも深刻なダメージを受けたとしても、環境が改善したら水辺の生き物は戻ってきてくれるはずです。

そんな期待を持ちながら――春になったら、また水辺の生き物採集に行ってみたいと思います。

今回も最後まで記事を読んで頂き、ありがとうございました。

カワムツorオイカワの幼魚の記事はこちら

メダカのいた場所

ゲンゴロウ採集は冬には厳しい?~同じフィールドで、過去に採れた水辺の生き物達~

Published / by mizbering-creatures

ゲンゴロウ採集に関して言うのなら、冬という季節はオフシーズンになると思います。

なぜならゲンゴロウの仲間は、寒くなると冬眠してしまうからです。

ゲンゴロウの仲間を採集するのに、一番適している季節は夏です。水辺の「自動販売機」や「パチンコ屋」が狙い目で、強い光に導かれるように虫が集まります。冗談みたいに聞こえるかもしれませんが、田舎の夏は本当に水棲昆虫がたくさん採集できます。

ちなみに鹿児島県のレッドリストでは、生物名としての“ゲンゴロウ”や“スジゲンゴロウ”は過去25年ほど採集された記録が無いため、絶滅したことになっています。

たまに見かけたという声もあるみたいですが、調べてみると「コガタノゲンゴロウ」や「ガムシ」といった他のゲンゴロウの仲間や水棲昆虫のようです。

そんなわけで、今回の水辺の生き物採集では、春~夏にゲンゴロウの仲間を含めた水棲昆虫がよく採れる場所でも網を入れてみました。

そのポイントは水田の脇にある小さな用水路で、ミナミヌマエビやドジョウ、メダカなども採れる場所のため(ゲンゴロウの仲間やコオイムシは冬眠していていないにしても、生物相がとても豊かな場所のため)、今回も、何か採集できるだろうなと思っていたのでした。

メダカのいた場所

……いたのでした。

そう、過去形なのです。

今回の水辺の生き物採集にあたり、鹿児島県の某河川の周辺11カ所(1日目は「お気に入りのポイント3カ所、新しいポイント4カ所」、2日目は「新しいポイント4カ所」)を巡ってみたのですが――1年前と環境ががらりと変わっていたせいなのか、私の運が悪いのか、農薬などの影響があったのか――期待していた水辺の生き物達(ミナミヌマエビ、テナガエビ、アメリカザリガ二、コオイムシ、コガタノゲンゴロウ、クロメダカなど)が、全く採れなくなっていたのです。

タニシやカワニナ、トンボのヤゴなどはたくさん見つけられるのですが、流石に、お気に入りのポイント3カ所&その周辺(歩ける範囲で上流&下流各150メートル程)を探って、狙っていた生き物が一切網に入らないのは、背筋が寒くなる思いです。

折れそうな心を立て直して、新しいポイントを巡ってみたのですが、そこでも期待していた生き物を見つけることが出来ず……冬の水辺の生き物採集(2回行きました)は、寂しい結果に終わりました。

でも今回の採集の最後に、1つ良いことがあったのです。

河原を歩いていて、ふと「何かの気配」を感じて――視線を横に向けると“宝物”が落ちているじゃありませんか。

アクアリストの宝物(流木)

具体的には、熱帯魚の水槽の装飾に使えそうな「綺麗な流木」が落ちていたのです。

写真ではサイズが分かりにくいと思いますが、幅や高さが40~50センチ前後の大きさで、お店で買ったら、多分5000円以上しそうな立派な流木です。

川で拾った流木を水槽に入れることに賛否両論(農薬とか雑菌が怖いと言われている)があるのは知っていますが、新しく水草レイアウト水槽を立ち上げる予定があったので、お持ち帰りすることにしました。

水辺の生き物やゲンゴロウの採集は難しかったのですが――この流木のおかげで、何とか笑顔で帰ることができました。

くろいあまがえるは、結構、現金な生き物なのです♪

ヘビトンボ

ヘビトンボが水辺の生き物採集で採れました~カゲロウの幼虫が棲む支流にて~

Published / by mizbering-creatures

採集場所

ヘビトンボやカゲロウの幼虫が、今回の水辺の生き物採集では網に入りました。

サイズは5センチ程とヘビトンボの幼虫としては小さい方です。しかし、流れのある水辺の茂みを網でガサガサしていたら、ちらほらと、それなりの数が入ってくれました。

この意外な出会いに、私としては驚きと同時に懐かしさを感じました。

小さい頃に私が住んでいた場所は、九州の中でも屈指の田舎だったので、ヘビトンボは身近な“怖い生き物”だったからです。

ヘビトンボを見たことがある方はイメージが出来ると思うのですが、幼虫は「肉厚なムカデの胴体&クワガタのメスの頭が付いている&子どもの人差し指よりもデカイ」という破壊力満点な姿をしています。

サワガニを探して石を裏返していた子ども(7歳くらいの私)にとって、いきなり出てきた時のショックは、小さくなかったと記憶していますが――どれだけ破壊力があるのかは、実物を見て頂いた方が、話が早いかなと思います。

今回、網に入ったヘビトンボはこんな感じです。(虫が苦手な方は、ご注意下さい!)

・・・

・・・

・・

ヘビトンボ

なお、子どもだった時の、私のプチトラウマはこれだけじゃ済みません。

今回、画像は用意できなかったのですが、ヘビトンボの成虫は「風の谷のナ○シカに出てきそうな、肉厚なトンボの身体と翅&クワガタの顎を持っている」という、これまた凶悪な姿をしているのですが……夜のカブトムシ採りの時に、こいつらと遭遇するのです。

パタパタと複数で空中を不器用に飛んでいる様子は、恐怖以外の何物でもありませんでした。

さて、こんなヘビトンボですが――大人になってから考えると、怖いというよりも懐かしいという気持ちの方が勝ってしまいます。

そして、少し調べてみたのですが、ヘビトンボは「水質汚濁の指標生物」になっているみたいです。

指標という言葉の通り「川に棲む生き物の種類や数を調べることで、川の環境(水の汚れや酸素濃度など)が、どの程度のランクなのかが分かる」ようです。

ベック・ツダ法という指標やパントル・バック法というちょっと難しい調査方法があるみたいですが、1番分かりやすいのは環境省の作った子ども向けの調査手引書『川の生きものをしらべよう』の中に出てくる指標生物を使った調査方法です。

それによると、ヘビトンボは「きれいな水」に棲む生き物らしく、同程度の水の綺麗さでは、サワガニやカワゲラなどが同じ場所に棲むとされています。

今回、この場所で網に入った他の水辺の生き物は、カワムツの幼魚、カゲロウの幼虫、カワニナ、小さなサワガニなどだったので、おおむね一致しているなと感じます。

ミナミヌマエビやドジョウを採るには、ヘビトンボが採れる場所よりも、もっと下流に行った方が良さそうです♪

カワムツorオイカワ稚魚

カワムツorオイカワの幼魚が採れました~ハヤと呼ばれる定番魚~

Published / by mizbering-creatures

採集場所

カワムツという川魚の名前を聞いたことがあるでしょうか? もし、無かったとしても――「ハヤ」と言ったら知っている人もいるのではないかと思います。

西日本各地の河川で泳いでいる、水辺の生き物の定番とも言える魚です。

なお、ハヤと呼ばれる魚の中には、アブラハヤ、タカハヤ、オイカワ、カワムツ、ヌマムツ、ウグイなどが含まれますが、その中でも、今回の記事では「カワムツ」について書いていきたいと思います。

採用した理由は、冬のフィールド(鹿児島県内の某河川の支流)で採れたからというシンプルなモノ。

「カワムツなんてどこでも採れる!」と怒られそうですが、意外と奥の深い生き物なので、お付き合い頂けますと幸いです。

カワムツと言えば、「まずはコレ!」といった話題があります。

ある程度以上の年齢で川魚に詳しい人は予想が付くと思うのですが――カワムツという魚は、昔は「カワムツA型」と「カワムツB型」に分かれていました。ちなみに、2003年頃以降からA型がヌマムツ、B型がカワムツという名前に区別されています。

それぞれの見分け方としては、A型はやや丸めの体型をしており、用水路などの緩やかな水の流れの場所を好むのに対して、B型はシャープな体型をしており、川の本流等の早い水の流れの場所を好みます。うろこの数や体の横にある模様、胸びれと腹びれに入るスジの色の違いなどで見分けることができます。

飼育のしやすさは、緩やかに水が流れる場所に棲むということから、カワムツよりもヌマムツの方に軍配が上がります。

何でも食べるので餌付きも良く、60センチ以上の大きめの水槽を用意してあげたら、比較的簡単に人間にも慣れてくれる生物です。(もちろん、導入初期には水槽を新聞紙で覆うなどの対策が必要ですが)

夏場の高水温にだけ注意してあげれば、長期飼育も可能です。

カワムツorオイカワ稚魚

(ちなみに、写真の魚はカワムツだと私は思うのですが、写真を見せた知人にはオイカワの幼魚かもしれないと言われてしまったので「カワムツorオイカワの幼魚」ということにさせて下さい。……。逃げと言っちゃダメです! 大人の対応って言って下さい)

なお、基本的にカワムツは西日本に生息する魚です。

アユの養殖や放流の影響で、全国各地に拡散された事実があるみたいですが……東日本では、カワムツの代わりにウグイやオイカワ、モロコなどが同じような環境で生息しているみたいです。

あと、これは私の個人的な感想ですが、鹿児島県の水系ではオイカワよりもカワムツの方が多い気がします。

色々な水域で水辺の生き物調査をした結果、鹿児島市内を流れる河川でカワムツが棲んでいない川は無いくらいですから。

ちなみに、カワムツの味は「そこそこ」です。

水が綺麗な場所で採れた個体なら、まぁ、普通に唐揚げで食べられる魚です。

しかし、私は“好奇心”と“若気のいたり”から「農薬たっぷり&肥料たっぷりな場所(バラのビニールハウス)」の横を流れる川に棲む「ヤバそうなカワムツ」を唐揚げにして食べたことがあります。

――が、アレは身の危険を感じるような薬品の味でした。

本当に「煮ても焼いても食えない」とか「猫も喰わない(猫またぎ)」というのは、まさしくこんな味なのだろうなと、身体で学んだ記憶です。

カワムツは群れで生息しているので数釣りも楽しめますが、「釣った魚をきちんと食べる主義」の人は――カワムツを釣る場所を選んだ方が、健康のためには良さそうです。

引っ越しシーズン

引っ越しシーズンがやってきたので、ちょっとオトクな情報を載せておきます。

一人暮らしの単身引っ越しでも、業者さんに頼むとそれなりの値段になってしまって困りますよね。

ですが、実は宅急便で有名なヤマトは、単身パックという激安プランがあるのです。

ヤマトの単身パックは、宅急便を運ぶときに使うカーゴ1台を使って荷物を詰め放題できるんです。それでパック料金ですので、長距離でも短距離でも定額料金でOK!
ヤマトの単身パックの詳細はこちら

もちろん、荷物の運び出しなどはヤマトがやってくれるので重い荷物をもつ必要はありません。

ただし、単身引っ越しといえどもベッドにタンスにテレビに・・・・・・と荷物が多い人は向きません。

あくまで、ヤマトのカーゴ1台に収まるくらいです。そんな単身者の方は、ぜひ利用してみてください。

この時期、ちょっと役立つ情報でした。

ツチガエル

ツチガエルが大量に採れました~なぜ、冬なのに捕獲できたの?~

Published / by mizbering-creatures

ツチガエルを、あなたは見たことがありますか?

春~秋に田んぼの近くなどで見つけることが出来る、小さな茶色~土色のカエルです。水辺の生き物採集に行けば、平地でも里山でも見つけることが出来る一般的なカエルでもあります。

ちなみに子ガエルの時には、小さくて可愛いのですが……。4センチ程の大きさに成長した成体は、イボイボが背中にあるので、素手で触るのを躊躇してしまう人も多いと思います。

――という前置きは横に置いておいて。

冬の水辺の生き物採集ということで、鹿児島県内の某河川の支流にやって来ました。

採集場所

下流にある本流では、ミナミヌマエビやドジョウなどが採れる自然豊かな水系です。

いつもの採集ポイントに向かう途中だったのですが、採集(ガサガサ)に良さそうな場所を見つけたので、田んぼの脇に駐車して出陣することにしました。

水面に覆いかぶさるように植物が生えている場所(右側)が採集のポイントです。

画像では分かりづらいのですが、植物の群生の間を縫うように、小さな流れや水たまりが出来ている場所でした。
そして1網目で採れたのが、今回のテーマである“ツチガエル”。さらに2網目で採れたのもツチガエル。3網目もツチガエル。

どうやら、ツチガエルの寝床を襲撃してしまったみたいです。

……いや、不満は無いのです。冬なので、とても立派に成長したカエルちゃんばかりですし、つぶらな瞳は、よく見たら可愛いと感じることが出来るような気がします(多分ですけれど)。

でも、「冬眠しているんじゃなかったの?」「こんな水流が直接当たるような場所で眠っていないで、田んぼのあぜ道や枯れ葉の下で暮らそうよ?」と、心の中で呟いてしまった私がいました。

冬眠の邪魔をしてしまったことに罪悪感を覚えたので、場所を100メートル程下流に移動させて網を入れます。

気持ちを一新して、水面と植物の茂みの境目に網を入れて、上流から網に向かってガサガサと足で生き物を追い込みます。

その結果、採れたのは……

ツチガエル

……ツチガエル。

これ以上、冬眠の邪魔をしないように、場所を変えることにしました。

なお、ツチガエルはトノサマガエルのようにジャンプ力が強力ではないので、カエルの仲間としては飼育が簡単な部類に入ります。

短期的に飼育するなら「中型以上の大きさのプラケースに、浅く水を張って流木などで陸地を作る」と良いですし、長期的に飼育するなら「60センチ水槽でアクアテラリウムを作る」と見た目にも癒されます。

餌は人工飼料で栄養強化した「小型のコオロギ」を食べてくれます。

なお、余談ですが、松尾芭蕉の俳句の「古池に跳び込むカエル」はこのツチガエルだという説があるそうです。

鳴き声はグゥーグゥーというちょっとうるさい音ですが、水辺の生き物として、ツチガエルは「昔から人間の身近にいる存在」なのかもしれません。

採集場所

水辺の生き物採集の基礎知識~冬のフィールド採集を楽しむために必要なこと~

Published / by mizbering-creatures

採集場所

水辺の生き物を採集するベストシーズン、皆さんは、いつ頃だと思いますか?

春? 夏? 秋? 冬?――人によって意見は様々だと思いますが、くろいあまがえる(私)が考える一番良い季節は「冬」です。

「冬の水辺って寒そう」「何も生き物がいないんじゃないの?」という声が聞こえてきそうですが……冬の水辺の生き物採集には、次のようなメリットがあります。

〇水辺の植物が枯れているので、ポイントにアクセスしやすい。
〇水辺の植物が少ないので、生き物を探すポイントを絞り込みやすい。
〇夏に比べて水が減っているので、生き物が水のある場所に密集している。
〇寒さを逃れるために、物陰に生き物が集まっている。
〇水温が低いため、採集した生き物が酸欠になりにくい(帰宅中に死亡しにくい)。
〇夏~秋に成長した大型の個体を捕まえられる。

――ざっと考えられるだけでも、こんなにもメリットがあります。
寒いという一番のデメリットを考えても、冬の水辺に出かけたくなりませんか?

■季節と採れる生物
水辺の生き物採集(“ガサガサ”とも言います。諸説ありますが、水辺の茂みを網でガサガサすることが語源らしいです)が初めてという友人に、
「冬だけ、特別に採れる生き物がいるの?」と言われたら、私は「原則、四季を通して変わらないよ?」と答えます。

渡り鳥みたいに季節で移動する生き物や、冬に枯れる植物を除いて、基本的に川や水辺の生き物(魚類・虫類・両生類)は、その水辺の近くで冬も生息しています。
そのため、春や夏と同じような生き物を、原則、冬も採ることができます。

ここで“原則”としたのは、春や夏と違うところもあるからです。

それは、「(カエルやゲンゴロウなど)冬眠する生き物は基本採れない」「オタマジャクシや幼魚など、
シーズンがある生き物は基本採れない」「虫類は、幼虫しか採れない」というような感じになります。

■コースの決め方

ドジョウの宝庫だった場所

フィールド採集は、初めてなら「ポイントに詳しい経験者と一緒に行く」ことをお勧めします。

どこにどんな生き物がいるのか知っているだけでなく、水辺の危険性や地元の人とのマナー(あいさつをする、世間話をしながら情報収集する)など、一緒にいるだけで良い経験値になるからです。

少し経験を積めたら、次は色々な場所を巡り、自分だけのお気に入りの水辺を探すことを始めましょう。

ポイントとしてはインターネット上の口コミ(生息地をネット上で公開するのは賛否両論ありますが、大量採集しないのであれば、
個人的には参考にしても良いと思います)、知人のネットワーク、農家の方など地元の人からの情報、そして「自分の足で探す」です。

自分でポイントを探す場合、効率良く水辺を巡ることが大切です。

いくつもの支流が交わっている川なら、支流ごとに棲む生物も違う場合があるので、各支流を短時間で移動できるルートを事前に地図で確認しておくとスムーズです。

また、その他のコツとしては、下流から攻める方が色々な生き物が網に入りやすいと思います。

その理由としては、上流から大雨の時に生き物が流されて、堰などで遡上出来ずに下流に定着してしまうことが多いからです。もちろん例外もありますが、覚えておいて損はしないと思います。

なお、車で移動する場合は「駐車できる場所が無い」という問題が出てくるので、グーグルマップなどで駐車違反や周りの迷惑にならない場所のアタリを付けておくのも良いかもしれません。

■装備
車で移動することを前提に、用意しておいた方が良い物を記載します。電車やバス、バイクなどで移動する場合には、必要に応じて取捨選択をして下さい。

(大切な物)
○免許証
○現金3000円(遊漁券が必要なら、その分も追加して下さい)
○お昼ごはん&飲み物&飴玉少々(“ひだる神”って知っていますか? 低血糖は怖いです)
○携帯電話(怪我をした時など、緊急連絡手段は必須です)
○魚網(青いアレです。長靴での採集なら、短いヤツで十分です♪)
○長靴
○リュック
○虫よけスプレー(冬でもマダニは活動しています)
○日焼け止め
○帽子
○パッキングセット(魚を持ち帰る袋や輪ゴムなど)
○酸素ボンベor酸素の出る石
○地図
○タオル

(必要に応じて)
○クーラーボックス
○魚釣りセット&餌
○水汲みバケツ
○胴長
○プラケース
○観察ケース
○デジカメ

■まとめ
冬のフィールドは寒いです。

重要なので繰り返します、とっても寒いです。

ですが、冬だからこそ楽しめる採集もありますので、ぜひ一度、チャレンジしてみて下さい。

私は、今回の記事を書くにあたり、別々の日に2回、フィールドに出かけました。1回目で風邪をひき、2回目でぶり返すというお馬鹿なことをしてしまったのですが……水辺の生き物を観察している間は、元気になるんですよね。

それでは、次回から――鹿児島県の某河川で「冬の水辺の生き物採集をした結果」を紹介していきたいと思います!